【虎に翼】寅子と娘(優未)の今後は新潟へ!三淵嘉子は単身赴任だった?

虎に翼 寅子と優未今後

この記事はこの先のネタバレを含んでいます。

【虎に翼】世間でから注目を集め、忙しい毎日を送る寅子です。

ドラマファンが少し前から気になっていた娘の優未に、寅子は向き合っていくことのなるのでしょうか?

寅子の新潟転勤、優未はどうするのか?

ヒロインのモデル三淵嘉子さんの子どもとの関係はどうだったのか、調べてみました。

この記事で分かること
  • 【虎に翼】寅子と娘(優未)の今後は?
  • 寅子転勤、新潟へは優未と2人で
  • モデル三淵嘉子との違いは?
  • 子どもは男の子
  • 転勤については行かなかった?
  • 三淵嘉子の実子はどうなった?

これらのことについて、みていきましょう。

目次

【虎に翼】寅子と娘(優未)の今後は?

これからどうなる 家族写真
スポニチ

寅子と娘の優未の間には溝ができていましたが、寅子は気づいていませんでした。

アメリカ視察から戻り、世間からの注目を浴び、仕事は順調でしたが、家族には不満がたまっていたのです。

寂しげな表情で寅子を見る優未が気になっていましたが、ついに、正面から寅子が優未と向き合う時が来ました。

予告の花江のセリフに、トラちゃんが見ているのは本当の優未じゃないというのがありましたね。

喜んで見せた84点のテストにも、間違った16点を見直して次は100点という言葉が返ってきて、ほめられることを期待していた優未の表情はあきらめに見えました。

優未の「私じゃキラキラしない」という言葉も気になりました。

仕事を頑張ってキラキラしている母を尊敬する気持ちもあるからこそ、自分のことではキラキラしないと悲しく思うのではないでしょうか。

客観的に猪爪家を見たときは、外で働いている寅子はお父さんで、家事全般を引き受けている花江はお母さんのようですが、優未にとっては寅子はお母さんですからね。

そんな時、新潟地方裁判所への転勤が決まった寅子です。

1人で単身赴任するか、悩むところです。

家族全員で引っ越すという案もでますが、現実的には難しいですね。

直明は大学生だから行くことができません。

直明がいないというのは、ちょっと大変そうですね。

寅子転勤、新潟へは優未と2人で

新潟 2人
シネマトゥデイ

結局、新潟へは寅子と優未、2人で行くことにします。

シンプルに実の親子である寅子と優未の2人だけになることは、親子の関係を築くのにはちょうどいいと思います。

寅子の仕事が忙しくて帰りが遅くなると優未が1人になる時間が多くなるのかもしれませんが、母親がせいいっぱい仕事している姿を見るのは、将来的には悪いことではないように思います。

ネタバレによると、新潟では星航一に再会しますし、女子部の仲間で唯一会えていなかった、涼子がお付きの玉と喫茶店を経営しているといいます。

花江の家で女中をしていたいねが戻っていた実家も新潟、助けてくれる人もたくさんいるはずです。

学校が終わったら、涼子のところで待っている、なんていうこともできそうですね。

そこで学生時代の寅子の話を聞くことで、優未がの母への気持ちも変わっていくのではないでしょうか。

ゆみの子役のキャスト・プロフィールについてはこちらです⇩

あわせて読みたい
【虎に翼】ゆみの子役キャストプロフィール!成長過程の顔画像比較も紹介! 【虎に翼】忙しすぎる寅子に、寂しげな表情のゆみ(優未)を心配する声がSNSにあふれていますね。 素晴らしい演技力を見せているゆみの子役たちについて、プロフィール...

モデル三淵嘉子との違いは?

三淵嘉子 
三淵嘉子
読売新聞オンライン

ヒロインのモデルとなった三淵嘉子さんと子どもはどうだったのか、気になりますね。

三淵嘉子さんの子どもについて、調べました。

子どもは男の子

三淵嘉子さんが生んだ子どもは男の子で和田芳武さんといい、ドラマは女の子なので、そこが大きく違っています。

母1人子1人の場合、女の子の方がぶつかりやすいように感じます。

そのためにドラマは女の子にしたのでしょうか。

息子の和田芳武さんが通学の際、踏切を渡ることが心配でとても嫌だと同僚に話したり、ばったり会った同級生に、和田芳武さんに水泳を習わせたいと話すなど、普通の母親の面を持っていたようです。

雑誌「法律のひろば」に「愛児と新しい年を 和田嘉子さん」というタイトルで親子の写真が掲載されていたということですから、注目されていたのはドラマと同じようですね。

ドラマの方が忙しいように見えますね。

転勤については行かなかった?

三淵嘉子さんの息子和田芳武さんは、転勤には着いて行かなかったのではないかと思っていたのですが、実際には着いて行っていました。

和田芳武さんは玉川学園小学部に通っていたということなので、私立学校をやめてまではついて行かないだろうと思ったのです。

しかし、名古屋には息子芳武さんと2人で行き、住み込みのお手伝いさんを雇っていたということでした。

2番目の弟家族と一緒に暮らしていたということで、私立の小学校に行くぐらい、ドラマの一家よりも経済的にも、精神的にも余裕があったのでしょう。

三淵嘉子さんは、1952年12月、新潟ではなく名古屋地方裁判所で初の女性判事となっています。

三淵嘉子の実子はどうなった?

三淵嘉子さんの息子和田芳武さんは、東京大学卒業後、東京女子医科大学で研究を続けた寄生虫学者でした。

2020年に亡くなられたということです。

三淵嘉子さんは、41歳の時50歳の三淵乾太郎さんと再婚し、三淵乾太郎さんには4人の子どもがいました。

和田芳武さんは、中学生でしたが、苗字は変えずに和田芳武のままだったといいます。

再婚に反対していたのではなく、決して反抗的だったわけでもなく、三淵乾太郎さんとも仲が良かったそうです。

それでも、ほとんど記憶はなくても、実父の和田のままでいたかったのでしょう。

和田姓を無くしたくなかったのかもしれません。

母についてインタビューを受けたりしていたようですが、和田芳武さん自身についてはあまり記録がありません。

結婚しているのか、家族がいたのか、三淵嘉子さんの孫がいるのかなどわかっていません。

研究に没頭した生涯だったのかもしれないですね。

三淵嘉子さんの子どもについてはこちらです⇩

あわせて読みたい
三淵嘉子の子供は5人を徹底解説!息子は生物学者の和田芳武! 朝ドラ【虎に翼】のヒロインのモデルになった日本初の女性弁護士三淵嘉子さん、子供は5人いたというのが驚きです。 仕事と家庭を両立させていたパワフルな女性のようで...

三淵嘉子さんの家系図についてはこちらです⇩

あわせて読みたい
三淵嘉子の家系図を徹底解説!旦那と死別して裁判官と再婚! 日本初の女性弁護士という素晴らしい経歴の三淵嘉子さん。 実は、彼女の両親や夫の経歴もすごいことが判明しました! 本記事では、三淵嘉子さんの両親や子供について紹...

関連記事

あわせて読みたい
【三淵嘉子】新潟家庭裁判所の活躍を徹底解説!虎に翼との違いも紹介! 【虎に翼】寅子は判事として新潟地家裁三条支部への転勤が決まりした。 モデルの三淵嘉子さんも、新潟に縁があり、新潟家庭裁判所に女性初の裁判所長として赴任していま...
あわせて読みたい
【虎に翼】登場人物のモデル一覧!キャストの配役徹底解説! この記事には一部、この先のネタバレを含んでいます。 2024年前期の朝ドラ【虎に翼】日本初の女性弁護士・判事・裁判所所長をとなった三淵嘉子をモデルにしたリーガルエ...
あわせて読みたい
寅子の再婚相手は星航一?史実はどうだったのか徹底考察! この記事はこの先のネタバレを含んでいます。 【虎に翼】ドラマも後半に向かい、裁判官への道を歩み始めた寅子です。 寅子の再婚相手は、岡田将生さん演じる星航一では...
あわせて読みたい
【朝ドラ】虎に翼のロケ地を全部紹介!新潟の弥彦神社や名古屋市役所! 日本史上初めて法曹の世界に飛び込んだ一人の女性を描く連続テレビ小説。 NHK朝ドラ「虎に翼」が2024年4月1日から始まりました! 「虎に翼」のドラマで舞台となるのが東...
あわせて読みたい
【虎に翼】視聴率の推移・一覧表!過去の朝ドラとも比較! 2024年4月1日から伊藤沙莉さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「虎に翼」がスタートしましたね! 毎回朝ドラで気になるのが視聴率ですよね! 「虎に翼」は初回から高視...

まとめ

【虎に翼】寅子と娘(優未)の今後、モデルの三淵嘉子との違いについてもまとめました。

  • 【虎に翼】溝ができてしまった寅子と娘(優未)の今後はどうなっていくのでしょうか。
  • 寅子は転勤になり、新潟地方裁判所へは優未と2人で行くことにしました。
  • モデル三淵嘉子との違いは、子どもは女の子ではなく男の子でした。
  • 私立の小学校に通っていたので、転勤については行かなかったのではないでしょうか。
  • 三淵嘉子の実子の和田芳武さんは、東京大学卒で東京女子医大で研究を続けた寄生虫学者です。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次